藤和マッサージ|小田急相模原駅

藤和マッサージトップページロゴ

脳梗塞の薬物治療〜新「名医」の最新治療を読んで〜

脳梗塞は脳の血管に血の塊が詰まる病気です。いくつかの種類がありますが、もっとも重症度の高い「心原性脳塞栓症」の新薬が2011年、12年と登場しました。

従来は血液を固まりにくくする「ワーファリン」という薬を服用する治療法です。再発の危険性が高い心原性脳塞栓症ではかかせない治療法です。この薬を飲んでいる間は、ビタミンKが薬の効きを悪くするため、ビタミンK豊富な納豆は禁止、緑黄色野菜は控えるなど食事制限があります。この薬は効き方に個人差が大きく、他の薬の影響を受けやすいのです。そのために毎回採血をし、血液が固まるまでの時間を見た上で用量を調整する必要があります。

今回登場し心原性脳塞栓の一部に使用が認められた新薬「ダビガトラン」は直接血液を固まらせる働きを阻害する薬です。この薬の利点は誰でも用量が同じ、採血する必要がない、他の薬の影響を受けにくい、ビタミンKの影響を受けないなどあります。他にも合併症についても脳出血のリスクも「ダビガトラン」のほうが少ないことがわかりました。しかし、注意しなくてはいけない点もあります。胃腸の出血については、「ダビガトラン」のほうが高い傾向が出ている、この薬は大部分が腎臓で排出されるため、腎不全や人工透析など腎機能が落ちている方は血液中に薬が残りやすく、出血のリスクが高まってしまいます。新薬の登場によってより多くの良いところもあり、注意しなくてはいけない所もありますが、より多くの患者様が治るような薬が出てきている事がわかりました。

新薬 ダビガトラン

?ダビガトランの利点(ワルファリンと比べて)

・有効性は変わらない
・効き方の個人差が少ない
・納豆や緑黄色野菜を食べても問題ない
・採血の必要がない
・脳出血のリスクが少ない
・誰でも同じ用量でいい

?注意しなくてはいけない点

・胃腸の出血がやや高くなる
・腎機能が落ちている人は出血のリスクが高くなる
・腎機能の検査をする必要がある
・服用中はAPTT(ダビガトランの効きすぎをみる指標)をみる必要がある
・薬代が割高である(ワルファリンは数十円、ダビガトランは約500円)
・使い始めて間もない薬である(副作用などを慎重にみなければならない)

出典 新『名医』の最新治療2013 朝日新聞出版 (p106~109)

脳梗塞後遺症に対しての、訪問マッサージ・リハビリを行っています

訪問範囲は相模原市、座間市、大和市、町田市となっております。

詳しい脳梗塞のページはこちら

脳梗塞の訪問マッサージリハビリ治療のページはこちら

藤和マッサージ治療院

■最寄駅
小田急線小田急相模原駅徒歩6分
■ご予約・お問い合わせ
042-855-0420
■住所
252-0314
相模原市南区南台4-13-23

■訪問受付時間
午前9時〜午後7時

■院内受付時間
午前9時〜午後12時
午後4時〜午後7時
※夜7までに来て頂ければOKです
※土曜・祝日は9時〜5時30分まで

当院案内

治療案内

Q&A

その他

当サイト運営所

当サイトは、藤和ビジョン株式会社が運営しております。詳しくはこちら。